• ホーム
  • パイプカットは勃起不全になる可能性もある

パイプカットは勃起不全になる可能性もある

現代では昔と変わって男女間での性交渉のあり方はまるでスポーツや娯楽を楽しむかのような感覚で行われることが多くなりました。
しかし、そんな中でやはり男女共に常に感じている不安があります。
それが妊娠です。
一夜限りの関係のつもりが妊娠してしまいそのまま結婚するということも珍しくはありません。
ですが中にはそうした問題を取り除いて避妊をせずに性交渉を楽しむ男性もいます。

パイプカットという言葉を知らない人は今では少なくなりました。
パイプカットというのは精子を体外へ排出できなくする行為で、一部では少子高齢化に拍車をかけるという声もあります。
精子が体外へ排出されないということは女性の膣内で射精しても妊娠しないということで、男女共に性的興奮が高まるとも言われています。
ただし、パイプカットしたからといってすぐに効果が現れるのではなく、術後10回以上程度の射精を行いその中に精子がいるかどうか確認してから初めて避妊無しの性交渉が可能となります。

また、パイプカットすると勃起不全になってしまうという噂もあるようですが、精子の通り道である性管を文字通り切るだけですので、勃起不全とは関係は無いに等しいと言えます。
それよりも疲れやストレス、悪い生活習慣や睡眠不足の方が勃起不全の原因となりますので注意が必要です。

持続性や硬さなど勃起力に関してはジェネリック医薬品が展開されており、比較的安価で入手することもできます。
効果が高くよく知られているものもジェネリック医薬品となっていて、愛用する人も少なくはありません。
こちらはパイプカットと違い、少子高齢化問題の解決に貢献しているのではないでしょうか。

パイプカットしているのであれば妊娠の心配はありませんので、勃起に効くジェネリック医薬品を試してみるのも良いでしょう。
それ以外の場合は望まぬ妊娠とならないよう気をつけなければなりません。